トルコのチーズケーキ キュネフェ&トルコ菓子ギュルラッチ/クナーファ&略式バクラヴァを作ってみた

先日書いたおみせにいっても

トルコのチーズケーキはなかった

実はこのチーズケーキ 一度東京で食べたことがある

taberunodaisuki.hatenadiary.jp

甘くてあまくて

全然チーズの味しなくて

 

 

 

 

しかし 最近 カダユフをつかったお菓子

見かけるようになりましたね

フランス菓子

イタリアのティラミス

フィリピン ナタデココ

アメリカ NYチーズケーキ

イギリス カップケーキ

台湾 タピオカミルク ときて

次は中東 ギリシャ カダイフか?

taberunodaisuki.hatenadiary.jp

トゥシェ ドゥ ボワさんのアップルパイ 1/29記載のもそうですし

 

 

さて、

中東のチーズケーキは

キュネフェ Künefe といって

水と小麦粉から作られる クナーファというものをつかうんですが、

このクナーファ

さっきからでてくる フィロとかカダイフだとかカダユフ とかと一緒みたいです

国が違うと名前が違って

それを加工すると名前が違う

 

キュネフェKünefeを作ってみた

 

お菓子はみなさんネットにだされていますので

それらを参考に作ります

細切りのフィロ テルカダユフ (TelKadayif) を使う
f:id:taberunodaisuki:20181230104859j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230104910j:plain

f:id:taberunodaisuki:20181230104925j:plain

細い細い生地 
バターでしっとりさせる とパイ生地みたいになる

パイ生地って薄い小麦層の間にバター だからまあおんなじですわね

チーズは塩気のないもの 実際に食べた人は糸を引くといってらっしゃいます

東京で食べたお店も時間をかけて塩抜きしたチーズと書かれていたと思います

よくわからなかったので

さけるチーズ

溶けるスライスチーズ

それに ギリシャフェタチーズを塩抜きして使ったみた

トリプルチーズ 混ぜないでつかった

f:id:taberunodaisuki:20181230104938j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105027j:plain

容器にバターを入れ溶かし(根性がなく少なめにしてしまった高価だしカロリーが気になる)

フィロを入れ

その上からチーズを

f:id:taberunodaisuki:20181230105042j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105305j:plain

上からまた生地をのせて焼いた

生地だけだとこうなる このままでもカリカリで美味しい

f:id:taberunodaisuki:20181230105252j:plain

そこに砂糖をおもいっきり溶かしたシロップをかけて また焼く

そうすると生地がしっとり甘くコーティングになる

f:id:taberunodaisuki:20181230105245j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105332j:plain

そして水分がなくなるまで焼く

 

うん 自分で作ると 砂糖やバター思いきれない

ということで上の方はあまり砂糖やバターがない状態で作った

下の方だけ食べれば味は想像つく

そうでないと 自分で一個食べるなんて恐ろしいことできない

その上 最後に刻みピスタチオをのっけて

上から カイマックKaymakという クロテッドクリームのようなものをかける

そうだから それはそれはカロリーが

ああ おそろしや

f:id:taberunodaisuki:20181230105346j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105401j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105429j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105442j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105414j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230104242j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230104232j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230104219j:plain

焦がすといけないので

様子をみつつ 少しづつ焼き進める

案の定焦がした部分もあり

砂糖水が嫌で 蜂蜜をつかったら これがまたマッチするんだ

 

というわけで

本来のキュネフェとは違うものができたきがしたけれど

日本人の私の口にはあいました

新しい種類のチーズケーキ

チーズは塩分控えめだと甘さが際立つ

蜂蜜など甘みの強いものを合わせれば少々塩味があってもマッチする

あまり塩味が強すぎるとお菓子でなくなる

輸入トルコ菓子のバクラワがおいしくなかったのは

いいバターをつかっていない

すいぶんが飛ばしきれなくて生地がふにゃふにゃになってしまっているからだと

自分でつくってみてわかりました

作りたてはおいしい

甘いシロップは失敗すると生地をふにゃふにゃにしてしまうので

素人は蜂蜜にしておいた方が無難かも 食べる直前にかける

問題はチーズだ

クリームチーズ はあまり合わない

溶けるチーズで塩分のないのがいいな

裂けるチーズと溶けるスライスチーズのミックスが美味しかったかな

フェタはもうちょっと塩抜きした方がよかった


 

 

 

 

トルコのチーズ 隣のギリシャチーズ

フェタチーズ

成城石井さんにて

 FETA MEVGAL  フェタチーズ 899円

AUTHENTIC GREEK CHEESE

PROTECTED DESIGNATION OD ORIGIN  

種類別 ナチュラルチーズ

原材料 生めん羊乳 食塩

200g

要冷蔵10度以下

原産国 ギリシャ

輸入者 ジャスティスジャパン株式会社(東京都板橋区

販売者 ムラカワ株式会社(東京都大田区

紀元前よりつくられているギリシャの代表的なチーズです 真っ白なフレッシュチーズを高濃度の塩水につけて熟成させます 塩抜きして またはそのままライ麦パン フルーツと一緒に また強い塩味を利用してサラダに使うと美味しくめしあがれます 

f:id:taberunodaisuki:20181230104952j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105005j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230105015j:plain


 

 

ギュルラッチGüllaçを作ってみた

 

 

ギュルラッチ

ギュルラッチ(トルコ語: Güllaç、IPA:[ˈɟylːatʃ])とは、トルコにてラマザン(ラマダーン)時に食べる代表的なデザート。名称はトルコ語でバラを意味するギュル(Gül)に由来し、薔薇水を使って作る。

ギュルラッチの作り方

コーンスターチと小麦粉で作られたギュルラッチ・ユフカス(güllaç yufkası)という薄い皮を数枚重ね、牛乳と砂糖を温めた物をかける。これを繰り返し皮と牛乳をミルフィーユ状に重ねる。上部や間にクルミやピスタチオ等のナッツ類やザクロの実を飾ったり、シナモンを入れる場合もある。仕上げに薔薇水をかける。

 

生ユフカを買った 

Gozlemelik Yufka 5 Pieces

名称 生ユフカ(ギョズレメ用生地)

原材料 小麦粉 塩

要冷蔵

賞味期限 製造から1週間くらい

届いてからすぐ使えばいいのだが

その頃忙しくてとても作れなかたので 一時冷凍しておいた

f:id:taberunodaisuki:20190106083222j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190106083236j:plain

部分解凍したかったができるはずもなく

大きな半径20〜21cmくらいの薄い生地

広げる途中で破く

まあどうせこんなの大きいまま使えないからいいや

f:id:taberunodaisuki:20190106083249j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190106083259j:plain


 塩と小麦粉だけなので

インドのナンの表面の皮だけのようなものだ

テルカダユフ よりは分厚いようにおもう

クレープよりちょっと薄いかな

クレープは卵 牛乳 バターがはいっているけれどこちらはない

興味をもってそのままトースターで焼いた

f:id:taberunodaisuki:20190106083324j:plain

焦げた 火災警報器をならした 失敗失敗

すぐに焦げるんだ 一瞬もめを離したらだめだ

 

ちょっと手前で止める

カリカリの方が美味しいんだけれど もう怖いから

f:id:taberunodaisuki:20190106084205j:plain


 

熱々のミルク ここに砂糖を入れる(本当はとってもいっぱい)

生と書いているので 熱々のを入れてふやかしたあと

電子レンジに入れる

おかゆみたいなものですね

卵なしのパンプディングのような

生地に塩味があるので砂糖をいれないとお食事になります

これが

トルコ菓子ギュルラッチ

f:id:taberunodaisuki:20190106083311j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190106083334j:plain


 

 

バクラヴァbaklavaを作ってみた

 バクラヴァ(baklava)

 バクラヴァ(英、トルコ語: baklava)は、中東、中央アジア、地中海地域、カフカース地方、トルコなどで人気のある甘いペイストリー。フィロ生地の間に刻んだクルミ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、アーモンドなどをはさみ、焼き上げてから濃いシロップをかけたもの。他の料理と同様、地域によって調理法に違いがあり、特に大きな違いとして、ナッツの種類、フィロ生地の材料や厚み、調理時のシロップの量、シロップに蜂蜜を加えるかどうか、が挙げられる。シロップにはレモンの果汁やローズウォーター(バラの花弁の蒸留水)が入ることもある。

wikipedia

 

たくさんつくるのは大変なので

この容器に生ユフカとバターを細かく切ったものを

層状にしてまたトースターでやいてみた

本来なら砂糖を煮詰めたもの

刻んだクルミやアーモンド ピスタチオを沢山積めるのだが

いろいろ用意するのも面倒 &カロリーアップなので

ここは雰囲気だけ

砂糖水 バラ水入りをやめ 蜂蜜で

上からピスタチオを散らす

 

f:id:taberunodaisuki:20190106084151j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190106084222j:plain

これが 簡易 バクラヴァ

作りたて & 良いバターを使ったということで

いろんなお店でいままで食べた バクラヴァよりは

自己満足だろうが美味しかった

f:id:taberunodaisuki:20190106084251j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190106084306j:plain

左上がギュルラッチ ミルク煮る

左下 素焼き

右下 簡易 バクラヴァ

沢山食べるのはしんどいのでおいおい食べていこう

 

 

ラザーニャ風にしてみた

手持ちのホワイトソース トマトペースト

鶏肉ミンチ 人参葉つきだったので葉も刻んで入れた

これと生ユフカを層状にして焼いてみた

もっと間にバターなどをいれたら美味しいのはわかっているけれど

カロリー上がるし

簡単に低カロリーで

これ ミンチの代わりにほうれん草とチーズにしてもいいわけだ

簡易パスタとも言える

上面のユフカだけカリカリに あとの層はしっとりとなった

両はし 上面ちょっとこがしちゃったけれども

f:id:taberunodaisuki:20190202200206j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190202200337j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190202200359j:plain

 

 

 

 

今までに食べたバクラヴァの記録は以下

エジプト料理 ピラミッドさん - チーズケーキマニアへの道!!(世界の味を発見しよう)

トルコ料理 ムラートさん - チーズケーキマニアへの道!!(世界の味を発見しよう)

パース クズィンさんPARS CUISINE - チーズケーキマニアへの道!!(世界の味を発見しよう)

イスラエル料理 ファラフェルガーデンさん - チーズケーキマニアへの道!!(世界の味を発見しよう)

 

 

 

 用語の勉強

 

 

パートフィロ pâte filo(英語のパートフィロは日本のフィロのwikipediaといっしょ)

パートフィロ(pâte filo)  ギリシア発祥の、小麦粉(場合によってはとうもろこしの粉を入れる場合もある)と水、塩、オイルで作った薄皮。フィロの語源はギリシャ語の木の葉という意味。

http://majin.myhome.cx/pot-au-feu/dataroom/foods/pate_filo/pate_filo.html より

フィロ (FiloまたはPhyllo)

 フィロ(FiloまたはPhyllo)は、中東やバルカンの料理において、バクラヴァやブレク等のペイストリーを作るのに用いられる、非常に薄く、イーストを含まない生地である。ギリシア語で「葉」を意味するφύλλοという言葉に由来する。多くのフィロの層を重ね、オリーブ油を塗った上で焼いてペイストリーを作る。

 トルコ料理ではユフカ( Yufka )、エジプト料理では Gollash、アルバニア料理では fli、または Fliaなど、多言語・多文化で使用される料理素材であり、さまざまな名前で呼ばれている。

wikipedia

 

ユフカ yufka

 ユフカ Yufka  ハムル(小麦粉と水を混ぜ合わせたパン生地)を薄く延ばして鉄板で焼いて水分を飛ばす。こうすることで日持ちがするのでかつて移住生活をしていた人々の必携食料品だった。 トルコ食材大全より

https://turkishfood.hosokawanaoko.com/yufka.html

Yufka is a thin, round, and unleavened flat bread in Turkish cuisine. It is similar to lavash, and about 18 inches (40–50 cm) in diameter. It is usually made from wheat flour, water and salt. After kneading, the dough is allowed to rest for 30 min. Dough pieces (ca. 5-6 oz/150-200 g) are formed into balls and then rolled out into a circular sheet. The sheets of yufka dough are baked on a heated iron plate called a sac for about 2–3 minutes. During baking, the bread is turned over once to brown the other side. After baking, yufka bread has a low moisture content, and depending on how low the moisture is, a long shelf life. Before consumption, dry yufka bread is sprayed with warm water. The moistened bread is covered with a cotton cloth and is rested for 10 to 12 minutes before serving. In Bulgarian and Macedonian cuisine (Bulgarian: юфка; Macedonian: јуфка, but usually plural, јуфки (jufki)), yufka refers to a special type of home-made pasta that usually looks flat or squared. Macedonian yufki. In Serbian cuisine, jufka is a very thinly stretched sheet of dough used for baking savory and sweet dishes .  wikipediaより

トルコ料理の薄くて丸い平らなパン

小麦粉 水 塩からなる 水分を飛ばして保存できるようにしている

水で戻して使う

ブルガリア料理 マケドニア料理 セルビア料理でも使われる

 

  

 ギョズレメ Gözleme

 トルコ版クレープ

Gözleme is a traditional savory Turkish flatbread and pastry dish. The dough is usually unleavened, and made only with flour, salt and water, but gözleme can be made from yeast dough as well. It similar to bazlama, but is lightly brushed with butter or oil, whereas bazlama is prepared without fat. The dough is rolled thin, then filled with various toppings, sealed, and cooked over a griddle. Gözleme may also sometimes made from prepackaged hand-rolled leaves of yufka dough. 

wikipediaより

トルコ版の平らなパン ペストリー料理だそうな

小麦粉 塩 などから作るユフカ生地に何か巻いたり、バターなどを塗って作っているものではないかな

バズラマbazlamaと似ているけれどこっちはオイルはつかわないらしい

 

 テルカダユフ  TelKadayif 

 極細麺状のカダユフ 

カダイフ麺(kadaif、トルコ語で「薄い」の意)は麺の一種。 小麦粉と水が主な材料であり、ふるいを通して熱い金属調理用トレイに注いで作る。 麺はふつう、非常に短い。 中東や地中海地域でデザートなどに使用される。 バクラヴァと並んでトルコなどで人気のあるデザートである。

wikipediaより

 

カダユフ Kadayıf

トルコでは、クナーファ生地をカダユフ(トルコ語: Kadayıf)と呼び、

菓子クナーファをキュネフェ(tr:Künefe)または カダユフ・ドルマ(「カダユフ包み」)と呼ぶ。

カダユフ生地をパンで代用すると、エクメク・カダユフ(Ekmek Kadayıfı)というブレッドプディング風の菓子となる。

wikipedia

 トルコ料理屋でカダユフKADAYIF というと

お菓子の名前であった

イスタンブールナザールさんではテルカダユフで作られたお菓子の写真が出ていた

トルコの南東部で特に有名な伝統的なお菓子でカファユフという極細の生地から作ります トルコのスイーツ屋さんやレストランのデザートにも必ずあるポピュラーなお菓子です。 とメニューに

f:id:taberunodaisuki:20181230082459j:plain 

クナーファ 

wikipediaには

クナーファは、中東とバルカン半島、トルコの菓子(ペイストリー)、またはその材料となる、小麦粉で出来た細麺状の生地である。

クナーフェ、クナフェ、ケナーフェなどと発音および表記する場合もある。
クナーファ生地は水と小麦粉から作られ、これを網の目を通して熱したローラーに押し出すことによって成形する。生地は伝統的に量り売りされる。
菓子クナーファは地域によって異なるが、概ね、クナーファ生地でフレッシュチーズやナッツ(クルミやアーモンド)、濃厚なクリーム(カイマクなど)を挟むか包んで焼き上げシロップをかけた菓子である。

形状には2層のクナーファ生地の間にフィリングを挟んだものと、

クナーファ生地でフィリングを巻いたものの2種類があり、

前者は大きな浅いトレーで調理される。

チーズやクリームのクナーファは温かいうちに食べられ、ナッツのクナーファは冷やしても食べられる。

クナーファ生地を揚げるか焼くかした後に蜂蜜をかけ、その上にクリームか刻んだナッツをかけるとクナーファ・ビル・アッサルと呼ばれる。

レバノンでは、チーズのクナーファをゴマをまぶしたカアクというパンに挟んで朝食に食べることがある。
エジプトのクナーファ(コナーファ)のフィリングには、ナッツにレーズンを加えたものやカスタードクリーム、クリームを包んだものもある。
イラクでは、クナーファ生地でナッツを巻いたものはバクラーワ・シャアリーヤ(細麺バクラヴァ)、焼き色をつけずに仕上げたものをバクラーワ・バッルーリーヤ(結晶バクラヴァ)と呼び、チーズやクリームをクナーファ生地の間に挟んで大きなトレーで調理したものをクナーファと呼ぶ。
ロッコでは、きつね色に揚げたワルカという薄い生地の間に揚げたアーモンドとアーモンドミルクの甘いソースを挟んで層状にしたデザートをケネッファと呼ぶ。
トルコでは、クナーファ生地をカダユフ(トルコ語: Kadayıf)と呼び、菓子クナーファをキュネフェ(tr:Künefe)または カダユフ・ドルマ(「カダユフ包み」)と呼ぶ。カダユフ生地をパンで代用すると、エクメク・カダユフ(Ekmek Kadayıfı)というブレッドプディング風の菓子となる。
ギリシアではクナーファをカタイフィ(ギリシア語: Καταΐφι, Κανταΐφι)と呼び、カスタードクリームやナッツを包む。
ブルガリアでは生地と菓子両方をカダイフと呼び、ナッツを包む。
アルメニアではナッツを包んだ菓子をテル・カダイフまたはクナフェ、チーズを包んだ菓子をバニロフ・テル ・カダイフと呼ぶ。前者には好みでイチゴやカイマクを添え、後者にはシロップをかけた後で刻んだピスタチオをふりかける。
フランス料理やイタリア料理ではクナーファ生地をカダイフと呼び、デザートのほか、魚や肉を包んで調理するのに使用される。

 

ギュルラッチ güllaç

wikipediaより

ギュルラッチとは、トルコにてラマザン(ラマダーン)時に食べる代表的なデザート。名称はトルコ語でバラを意味するギュル(Gül)に由来し、薔薇水を使って作る。
ギュルラッチの作り方
コーンスターチと小麦粉で作られたギュルラッチ・ユフカス(güllaç yufkası)という薄い皮を数枚重ね、牛乳と砂糖を温めた物をかける。これを繰り返し皮と牛乳をミルフィーユ状に重ねる。上部や間にクルミやピスタチオ等のナッツ類やザクロの実を飾ったり、シナモンを入れる場合もある。仕上げに薔薇水をかける。

 

カナフェKanafeh  パレスチナのチーズケーキ

 One of the most well-known preparations of kanafeh is knafeh nabulsiyeh, which originated in the Palestinian city of Nablus, and is the most representative and iconic Palestinian dessert. Knafeh nabilsiyeh uses a white-brine cheese called Nabulsi. It is prepared in a large round shallow dish, the pastry is colored with orange food coloring, and sometimes topped with crushed pistachio nuts.

wikipediaより

カナフェの最もよく知られた調理法の1つは、パレスチナの街ナブルスを起源とする knafeh nabulsiyeh ナフフェ・ナブルシエ であり、最も代表的なパレスチナのデザートです。Knafeh nabilsiyehは、 ナブルシと呼ばれるホワイト ブラインチーズを使用しています。 大きな丸い浅い皿で調理され、ペストリーはオレンジ色の着色料で色付けされ、砕いたピスタチオナッツを載せていることが多い。

 アルミーナさんで食べたのはこれかな ケナーフェってでてたけど

taberunodaisuki.hatenadiary.jp

 

ボレキ ボレイ Börek

Börek (Turkish pronunciation: [bøˈɾec]; also burek and other variants) is a family of baked filled pastries made of a thin flaky dough known as phyllo (or yufka), of Anatolian origins and also found in the cuisines of the Balkans, Levant, Mediterranean, and other countries in Eastern Europe and Western Asia. A börek may be prepared in a large pan and cut into portions after baking, or as individual pastries. The top of the börek is often sprinkled with sesame seeds.

wikipediaより

外国版しかないけれど

トルコ アルバニア アルメニア ブルガリア ギリシャ イスラエル イタリア ボスニア セルビア マケドニア クロアチア モンテネグロ スロベニア クリミア ルーマニア モルドバ チュニジア アルジェリアなどいろいろな国で利用され食事だったりデザートにされていることがわかる 

だれか解説の本書いて!

 そのなかでも

シガラ・ボレイ シガラボレイ Sigara Böreği  

シガレット状態 つまりこの薄い生地を筒のように包むとこう呼ばれるらしい

このあいだかったのだね

f:id:taberunodaisuki:20181230093723j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181230093926j:plain

 

 

トルコのスボレイSu Böregi

 トルコ版ラザーニャのようなもの この薄い生地をつかう

 

 

ナブルシ Nabulsi

wikipediaより 

 ナーブルスチーズ(Nabulsi)、別名ナーブルシー、ジブン・ナーブルシーは中東地域で多数作られている白塩漬けチーズの一種で、パレスチナのナーブルスを発祥とするものである。ナーブルスチーズはアッカーチーズとともにヨルダンで食されている主要なチーズである。現在ではシリアなどの地域でも作られており、アラブ首長国連邦などでも食されている 熱すると柔らかく、弾力に富んだ食感になるが、ハルーミなどと同様、焼いても完全に溶けてしまうことはない。ほとんどの料理ではハルーミのかわりに使うことができると言われている。食感についてはよく伸びるため、モッツァレッラに似ていると言われることもある。塩味の強いテーブルチーズとしてそのまま食べるほか、油で揚げて食べることもできる

パレスチナのデザートであるクナーファの主要な材料でもある 

 

 

 

アラブのエスニック料理(昔買った本)

 

そういえば昔から中東の料理に興味持ってたのだっけ

私の本は1990年発行だけどね

同じ名前 同じ作者

f:id:taberunodaisuki:20190106083344j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190106083355j:plain

エジプト料理

モルヘイヤ 緑色のスープ

マハシー  野菜の詰め物スープ煮

クシャリィ エジプト風豆ご飯

サラタ・ビルジルジゴール ゴマ風味ハーブ入りサラダ

 サウジアラビア料理

サンブーサ  フェンネル風味揚げ餃子

マクブース・タジャージ サウディー風鶏肉炊き込みご飯

シーニーヤト・ホダール 野菜のオーブン焼き

ルグマーン    サウディー風スパゲティ

カホワ・アラビーヤ アラビアン珈琲

 イラク料理

クッパ・ムダファ  肉入り団子の野菜スープ

マスグーフ    川魚の風味焼き

コフタ     ひき肉の串刺しオーブン焼き

マクルゥバ   シナモン風味炊き込みご飯

フティラミスト・ジャザル クルミ入りにんじんケーキ

 シリア レバノン料理

ファッタ・マグドゥース ホブズと羊肉詰めナスの盛り合わせ

メナッザレ    松の実入りナスの挟み揚げ

タジャージ・マハシィ 米を詰めた鶏の丸焼き

サバーニハ・ワルウルズ ほうれん草煮と細スパゲティご飯

タッブーラ    ブルゴル入りパセリサラダ

 チュニジア料理

ブリック   半熟卵の包み揚げ ◀️これを作った

タジン・マルスーカ 春巻き包みの厚焼き卵

クスクシィ・ビッサマク 魚仕立てのクスクス

サラタ・マシュイーヤ 焼きサラダ

ムハラビーヤ   アーモンド風味のババロア

 モロッコ料理

ハリーラ  ハーブ風味の豆いり野菜スープ

クスクシィ・ビッラハム 肉仕立てのクスクス

ブルン・タジン アーモンドとプルーン入りラムのシチュー

サマク・マハシィ  クミン風味の焼き魚

ホブズ・マグレビィ モロッコパン

 エッセイ

アラカルト

おすすめ料理店(日本のレストラン)

アラブのエスニック料理入門

アラブのエスニック料理入門

 

 この本を買った頃は クスクスも普通には手に入らない時代だった

本を買っただけで満足してつくらなかったと思う

 

 

ブリックを作ってみた

 フィロを切った

f:id:taberunodaisuki:20190106083408j:plain

卵をおとした

f:id:taberunodaisuki:20190106083435j:plain

トルコの柔らかいチーズをいれ(ラブネチーズ)

塩胡椒

両面焼いた

f:id:taberunodaisuki:20190106083442j:plain

昔たべたことがある

中が半熟がポイント

つっつくとはんじゅくがでてくる

 

f:id:taberunodaisuki:20190106083452j:plain

 

 

 

エスニック輸入食品いろいろ

  • ラブネ Goat Labneh in Oil 400g瓶   1490円にて購入

山羊の乳のチーズ オリーブオイル漬け
原産国 レバノン
直径2cm程の真白の焼きのチーズの球が
オリーブオイルに漬かっています
チーズなのに 常温保存可能
開封後は 冷蔵庫に、、
いれたら、汁がプリンみたいな不透明半液状に、、
チーズは 山羊特有の独特の香り 塩味濃い目


  • レモンの塩漬け レモンコンフィ citron Beldis AICHA citron confit 370g(固形量200g) 840円にて購入

ロッコ原産
小さなレモン 4〜5cm 直径3cmほどの小粒レモン 皮ごと
かじってみる
塩気 酸味 それに、レモンの皮の独特のえぐみ
レモン皮風味 レモンピールでは好きですが、これは、ちょっと、、
梅干し? オリーブの漬け物 まあ、人によっては好きな人もあるでしょうが、、、
ネットで調べる 鶏肉につけ込んで 蒸し焼きにするのだとか、、
切って 両面を軽く焼いた鶏肉 玉ねぎにつけ汁ごといれ、洋酒につけておき
その後 オーブンで
塩分もたさず、玉ねぎの甘味で、なかなかレモン風味の料理ができあがりました
砂漠地帯でビタミンCをとるための知恵なんでしょうね

  • レバノン産 ファラフェル 粉末ミックス Falafel Powder Mix  mechaalany 200g   390円にて購入

箱 10x14.5x3.5cm
原材料 ひよこ豆 そら豆 小麦粉 塩 香辛料(クミン コリアンダー 赤唐辛子 ピーマン ニンニク)
中は粉末の入ったビニール袋ひとつ
同量の水をいれるのだとか、そして2時間置く
おや、、しまったみずをいれすぎたか、、、
どろどろ お好み焼きのたねみたい、、
2時間置くと 白玉団子のきじのように、、、
まるめて揚げるだけ
エジプト料理 ペルシャ料理 イスラエル料理や等ででてくる お豆の揚げだんごですね
豆の粉末が から揚げ粉のようなものなので、表面がかりっとしていて
いつも、おいしい おいしいとたべている 豆のコロッケ風
これだけで食べると 塩味がきつい、、、
今日は すごくのどが乾きます。
箱には タヒーナソースという
白練り胡麻 レモン汁 おろしニンニク 塩(時にヨーグルト)を混ぜた ソースをつけるとよい とかいてありました。

  • メグリ Megli  Mechaalany   ライスプディング(シナモン風味) 200g   390円にて購入

原産国 レバノン
原材料 米 砂糖 シナモン キャラウェイ
カップの水を加え ひたすら煮るのだそうです
弱火でひたすら煮ろと、、、いつまで煮たらいいの?
レバノンのわらびもち?
たぶん以前神戸のイラン料理 パース クズィンさんPARS CUISINEでたべた
マスガティー と似たものでしょうか?
2009年のブログ
中は粉 とりあえずとかすと まったくの汁状 水を加えすぎたか(4cup)と青くなる
そのまま加熱 ところどころ、ふつふつ カスタードクリーム加熱とにている
ところどころ 泡がでている
わらびもち作成過程ほどには、この液状物はかたくならなかった
容器にうつす 表面は平らにならない 
ほんのり甘く にほんでも、澱粉をつかったこういうお菓子があるよな、、と
このお菓子では でんぷんは 米
あたたかいままでもおいしい
とりあえず、冷やしてみる
マスガティーといろはいっしょながら、あのように、寒天的にはならず、薔薇の香りもしない
ひえても、カスタードクリーム程度のかたさのままである
味わいは あたたかいときとさほどかわらず。
上から ココナッツ クルミで飾り付けをするものらしいです


  • サラダメシュイヤ チュニジア風焼き野菜のサラダ salada mechuia douce 580円にて購入 350g瓶詰め

チュニジア風焼き野菜の辛味サラダ
原材料 ピーマン ひまわり油 トマト オリーブオイル にんにく キャラウェイ コリアンダー 塩
原産国 チュニジア
季節外でも、野菜が食べられるようにでしょうか?
色は焼きなすみたい みかけも、焼きなすみたい 時々トマトの赤いのがみえますが、、
ピーマンも種類が違うのでしょうか?
黄緑色のオイルがいっぱい
ロッコでたべた タジンにはいっていた野菜を思い出します
オイリーで 同行者たちは 最後油でお腹をこわしていましたが、、
エスニックな日本ではおめにかからない味わいです
オイリーさえ気にならなければ、辛味もきつくなく、 食べやすいです
ひとりで ひと瓶食べる気にはなりませんが、、
ただ、どう料理に応用していいか、想像つきません
ポトサラダや、レタス キュウリのとなりに、ちょっとそえるには いいですが、、

 

  • ロッコ産 イポメクリーム バニラ風味のさつまいもペースト 430g   700円にて購入

AICHA Creme d Ipome
名称 イポメクリーム
原材料 サツマイモ(イポメ) 砂糖 酸味料(クエン酸) ゲル化剤(ペクチン) 香料(バニリン
原産国 モロッコ 
瓶 直径7 高さ13.5cmくらい
茶色い 蓋についている部分は カスタードクリームくらいのかたさ
瓶のうわずみは はちみつくらいのかたさ つまり、とろとろ
ほんのりさつまいも風味で 酸味がある クエン酸の力?
バニリンは バニラの成分 香りはそれほどきつくありません
甘味もそれほど きつくない ということは、、日持ちはあまりしないかも、、
とりあえず、冷蔵庫に、、、

アルメニアのきゅうりのピクルス シシリア風ラタトゥイユ

おみやげに もらいました

  • アルメニアのきゅうりのピクルス  字が読めない、、Mechaalany

pickeled Wild Cucumbers 英語
Concomres Sauvages Marinees フランス語
Eingelegte Wilde Durken  ドイツ語
Pepinos Salvajes Encurtidos スペイン語 いろんな言葉でピクルスとかいています

ワイルドキューカンバー(アルメニアのきゅうりのピクルス) 固形量400g 総量600g
原材料 アルメニアンキュウリ ビネガー 塩 チリペッパー にんにく
原産国 レバノン

黄色くて 細長くて
でも、まあふつうにシャキシャキしたピクルス
砂糖のないタイプ
下の方に ニンニクのかけらと 緑の唐辛子がかいっていました

原産国 チュニジア 
原材料 なす トマト 玉ねぎ ピーマン オリーブ ケーパー にんにく ひまわり油 オリーブオイル ビネガー 塩 砂糖 乳酸
パスタにのっけて、たべました
非常にオイリーで オリーブ、オリーブオイルの香りが強く
ヨーロッパ的な ラタトゥイユ でした

  • まぐろ油漬け filets de thon a l'huile d'olive vierge 200G

TUNA FILETS IN VERGIN OLIVE OIL
原産国 チュニジア
原材料 キハダマグロ エキストラバージンオリーブオイル 塩 月桂樹の葉
瓶詰めはめずらしいですね ヨーロッパ方面に輸出しているのでしょうね
日本だと サラダオイル漬けですが、これが、オリーブオイル漬け
綺麗な短冊状でぬきにくいほどきっちりつめられています
短冊は6x2.5x1.5cmくらい
オリーブオイルはかおりますが、塩分ひかえめ
そのままたべてもいいですが、お醤油でもかけたくなりますね、
素材としてアレンジはしやすそうです