阪急本店 2019年北欧フェア レイパユースト/ビルベリーパイ

阪急本店 2019年 北欧フェアにて購入 というかイートイン 

 

f:id:taberunodaisuki:20190605171101j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190605171054j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605171047j:plain



 

ニエミトロン レイパユーストラ

Niemitalo juustola

ホットレイパユーストとクラウドベリージャム 864円

シェフ ニエミタロ・ペッカ 

    ニエミタロ・ルカス・サムエル

ラップランドやカイヌーで愛される香ばしい風味の焼きチーズ ジャムをのせて

 カウンターで

チーズ生産者が作ってくださっている?

贅沢ですね

チーズは上面も底面も一緒

癖のないチーズで モッツァレラのようなカチョカバロチーズのような味わい

モキュモキュ食感

味はミルク

カチョカバロのようには溶け出してこない

オレンジ色のベリーは

タネが多いように思うけれど食べられないタネではない

フランボワーズのタネも食べられますからね

酸味のあるベリー ちょっとワイルドな味わいもある

f:id:taberunodaisuki:20190605170840j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605170850j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190605170900j:plain

 

オーガニックティー 756円

紅茶にしました

カウンターにあった

Barefoot Biking  Premium loose leaf black tea blend かな

私は紅茶の味はあまりよくわからないので

ポットで入れてくださいました

f:id:taberunodaisuki:20190605170906j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605170913j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190605170921j:plain



 

 

 

チーズ専門店ランマス LAMMASさんご提供

 東京のチーズ専門店

2014年4月三宿にオープンしたチーズ専門店。 フランス・イタリアを中心に、ヨーロッパ各地のチーズを取り扱っています。

お店のホームページには以下のようにでていました

Leipäjuusto~ レイパユースト1852円(税込)250g 1/2カット

 Lakka hillo〜 クラウドベリージャム2900円(税込)

 クラウドベリージャム(Hilla/Lakka hillo) 〜フィンランド北部原産のクラウドベリーのジャムも レイパユーストのお供に入荷しました! 意外にもこれが美味しすぎます!! クラウドベリーって何?という方が多いでしょうか。 バラ科キイチゴ属のベリーです。 甘酸っぱくって種入りで食感も面白いです。 ジャムというよりベリーそのままソースにしたようなナチュラル感。 北極圏で主に生育する希少なベリーなので、こういった実ごろごろ系ジャムは首都ヘルシンキでもなかなか手に入りません。フィンランド北部産ならでは☆ お料理にも使えそうです♪

 

 

チラシをいただきました

フィンランド国内で愛されている伝統のチーズ

LEIPÄ:パン   JUUSTO:チーズ 

360度の高温で焼かれ、チーズに美味しそうな焦げ目と特有の食感をもたらします

このチーズはあたためて、北極圏原産の希少なラッカ(クラウドベリー)とともにいただくのがセオリー ミルクとベリーの味わいが口に広がります

作り手ニエミタロは北極圏近くのオウルから車で1時間 広大な自然で育った牛のミルクは濃厚で甘みが強く品があります 昔ながらのレシピで作られており、ひとつひとつ焼き色も違います

 

店頭では ヒラヒッロ Hillahillo KAIRAN JALOSTE 

クラウドベリージャムも売られていました

ビタミンCが多く、天然ベリーの中で一番多く繊維が含まれているとのことでした

 

f:id:taberunodaisuki:20190605170832j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605170824j:plain

f:id:taberunodaisuki:20190605173705j:plain

メニューは

 レイパユーストに飾りチョコとラズベリーをのせたもの

 レイパユーストに鴨肉を添えて リンゴンベリージャムを添えたものがでていました 

日本で レイパユースト

を扱っているところはほとんどないそうです

本当に阪急百貨店さんはいろいろ外国の珍しいものをあつめてくださり

感謝感謝でございます

 

 

wikipediaによると

レイパユースト(leipäjuusto)、あるいはユーストレイパ(juustoleipä)は主にポフヤンマーや、カイヌー県、およびラップランドで食されているフィンランド料理の伝統的なチーズ料理である。

フィンランド語では“leipä”は“パン”、“juusto”は“チーズ”を意味する。ラップランドスウェーデンのトルネ谷では、“コーヒー・チーズ”を意味するカハヴィユースト(kahvijuusto)と呼ばれている。

レイパユーストは牛乳にレンネットを加えて煮詰め、凝固した塊を布で濾してホエーを取り除いた後、塩を加え皿に広げて焼き上げる料理で、平たい円盤状をしている。 噛むと「キュッ、キュッ」と音のするような弾力のある食感が特徴。

食料品が流通する以前の時代では、レイパユーストは夏から秋の間に製造された。当時チーズはごちそうであり、干し草作りの給料としても用いられていた。

伝統的に、乾燥させたレイパユーストは数年間保存することができ、食べる際には火に焙って柔らかくした。今日でも換気の良い場所に数日間置くことで乾燥させることができる。

食べ方

伝統的には等分にカットされ、コーヒーなどともに供される。砂糖をまぶして食するが、クラウドベリー(ホロムイイチゴ)などのジャムを塗ったり、サワークリームなどと共に食べる。

 

 

 

f:id:taberunodaisuki:20190605170929j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605170937j:plain

ビルベリーパイ 810円

フィンランド ラヴィントラ・コルメクルーヌア 

1952年創業 料理だけでなく店内インテリアにもこだわる地元客に愛されるお店

シェフ ペトリ・コスケラ調理実演 

いただいたチラシ

f:id:taberunodaisuki:20190609094703j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190609094709j:plain

 ネット検索すると 底面はクッキー生地のタルト生地

サワークリーム  砂糖 卵のフィリングを合わせてのせ

そこのブルーベリー

のようです

本当の名前は

ムスティッカピーラッカ Mustikkapiirakka 

というのではないだろうか

それだと、ブルーベリーとヨーグルトのパイ

今回は上からバニラアイス パイは温めて 冷や熱のコントラストで

タルト生地 厚め 上の方はフィリングのためにややゆるくなっていました

バニラアイスが溶けていたので

サワークリーム 層があったのかは?

周りのベージュのソースは メープルシロップ

ベリーは加熱されています

酸味もそれほど強くないつぶつぶブルーベリー

f:id:taberunodaisuki:20190605171000j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605171008j:plain

 

リンゴンベリーソーダ 648円

コーヒーは北欧とは関係なさそうだったので、これで

イケアでリンゴンベリーは買ったことがあります

酸味のあるソーダ 色は赤

 

f:id:taberunodaisuki:20190605170945j:plain
f:id:taberunodaisuki:20190605170954j:plain

 

 

ブルーベリーパイのことのようです

フィンランドではビルベリーパイというようです

というか 厳密にはブルーベリーとは違うようです ブルーベリーの中の一種をさす

 

wikipediaによると 

ビルベリー(英: Bilberry)は、ツツジ科スノキ属 (Vaccinium) のいくつかの低灌木種を指す。食用可能な果実が実る。

 ビルベリー(特にセイヨウスノキ)は、ホワートルベリー (whortleberry)、ウィンベリー (winberry, whinberry)、ブレーベリー (blaeberry)、ヨーロッパブルーベリー (European blueberry) などとも呼ばれる。なおブルーベリーは同じスノキ属のCyanococcus節(スノキ節)やMyrtillus節(クロウスゴ節)など含めた総称・俗名であり、Myrtillus節のビルベリーブルーベリーの1種である。

 ビルベリーの果実は、ブルーベリーの果実よりも小さいが味わい深いビルベリー類の色はより暗く、ほとんど黒色に見える紫色である。ブルーベリーの果実の果肉は薄い緑色であるのに対して、ビルベリーの果肉は赤色あるいは紫色であり、生の果実を食べると指や唇に濃い色が付く。

 

 

 

 

 

 

ヘルシンキベーカリーさんの クリスマスパン

西宮ガーデンズフィンランドのパンやさん
以前にブログにも書いています
TOKK12月1日号にのっていましたね、
いってみました
のっていて ヨウルトルットゥ以外にもいろいろクリスマス製品があり ちょっと嬉しい、、
お店の方がいろいろよくご存知で説明が詳しくてよかったです。店員さんがじぶんのところの商品のことをよくしっているお店っていつもすばらしいと感じます。

  • ヨウルトルットゥ 336円

クリスマスパン 真ん中にブルーベリージャム 2タイプの形がありました
直径10cm 50gくらい 
このパンだけなぜかとても高い、、
パイ菓子と思った「方がいいのかも、、
カリカリで非常においしい、
デニッシュ生地でなく、これはパイといっていいのでは(クリスマスケーキとも)
中央の甘酸っぱいジャム以外は 余計な甘味をつけない生地
純粋にパイとして とてもおいしいです 形がクリスマス的なんでしょうかね、、

  • ルシアのパン  158円

クリスマスパン サフラン入りの生地 リンゴベリー入り
12.5x8x2cm 45gくらい
サフランの香りがします
S状のひも状生地の中央にもリンゴベリー
たべるとそれはそれはしっかりしたサフラン

おそらく クリスマスパン
直径8 高さ7cm 80gくらい
フルーツのピールの苦みが美味
上面だけカリカリの甘い生地

  • アーモンドクリームリーフ 189円

これもおそらく クリスマスパン
直径13 高さ2cm 100gくらい
シナモンほかいろんなスパイスとブラウンシュガー (アーモンドプードル?) ちっちゃなレーズンをはさんでねじねじとした形に
上からスライスアーモンド

  • パロ(クリームパン)

フィンランド産トゥルニフルーツのカスタードを使用したオリジナルクリームパン
直径7 高さ6cm 60gくらい
ブリオッシュ的な非常に柔らかいパン 中にカスタード 黄色い
バニラビーンズの粒 どことなく酸味有り
ああ、これはあのオレンジ色のトゥルニフルーツの香りと色なんですね

  • シエ二 189円

リンゴベリー入りのパン
直径7 高さ5.5cm 65gくらい
粒粒の酸味のきいたジャムがいっぱい、、
1番外側だけメロンパンのように甘いです

  • TRUIS 90 ピエニサイック  210円

ライ麦90%のちいさなかばんという意味のフィンランド語のついたパンだそうです
8x8x1cm 60gくらい
ナッツ レーズン ドレーンチェリーのようなものが ぎっしり
粉砂糖でおおわれていないシュトーレンみたいですね
ライ麦の酸味にフルーツの酸味 甘さはドライフルーツの味そのままという印象です


説明冊子もらえました


ホームページを記録
http://www.helsinki.jp
パンの説明も詳しくでているホームページでした

フィンランドのパンキートスさん

フィンランドのパンキートスさん
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kiitos/
京都四条大宮からあるいて、10分ほどです
ホームページの地図の教会というのは、キリスト教でなくたしか、金光教の教会です
まちがって、細い道をいってしまいました
正しいみちをいっても 公園や民家ばかりで 本当にここにあるのか、、不安にあるような道でした
ホームページにもっと、しっかり説明がのっているので、そちらのほうが わかりやすいですが 記録は自分の為に残します
通販メインのおみせなのでしょうか?小さな看板です。

まだ、日本でドイツパンにも出会っていなくて、白いパンしか食べていなかったころ、北欧に旅行して あまりのパンの違いにカルチャーショックを受けた覚えが、、、
いまでこそ、ドイツパンのライ麦の%の高いものもたべ、味わい方も少しづつわかってきましたが、、、
日本の有名なチェーンパンやさんHOKUOさんにいったとき、うーん、おいしけれど これは文化の違いをかんじた、パンとはちがうな、、とおもい、、IKEAさんも デニッシュがメインでこれまた、、?と思った記憶が、、
西宮北口ヘルシンキベーカリーさんで、あ、そういえば、、とおもいだし 今回このハパンレイパをみて、やっと、おもいだしました、
北欧では このようなパンと もっと、繊維質のクラッカーが出ていたのでした。

  • ハパンレイパ 404円

直径21cm 内径7cm 厚み 1.5cmくらい 190gくらい
伝統的なライ麦パンらしいです、この薄いパンを中東のピタパンのように、わって、具をはさんでたべるのだそうです
]

  • ルイスリンプ2分の1 315円

直径18cm高さ5.3cmくらい 290gくらい
ライサワー種を使った ライ麦パン
おもく、どっしりとした パンです ライ麦にはとっても、チーズが合います

  • 北欧の森から 2分の1 289円

10.5x9x6cmくらい 290g
レーズン クルミ のはいった 天然酵母のパン たくさんレーズンが入っています
天然酵母系は、ライ麦がないので どっしりはしていますが、より食べやすいです かんでいるうちに より、味わいがひろがります

  • トュットゥユスタバ 2分の1 289円

15x5.5x7.5cmくらい 190gくらい
シリアルのはいった、天然酵母のパン 表面も白く 断面にも白いものがみえます

  • 妖精のまくら 578円

17x11x6.5cmくらい 380gくらい
いちじく、クルミ入り 天然酵母のパン
フルーツ部分の酸味がきいていて、おいしいです

  • カリャラン ピーラッカ 157円

12x8x1cmくらい 50gくらい
ライ麦パンの薄いので ミルク粥がつつまれています
ご飯とパンのコラボレーション 変わったパンです
やや塩味のきいいたおかゆです ホームページでは北欧ではこれに、調理した卵をのせて食べている、とかかれています
トースターであぶると、ライ麦パンがうすくて、パリパリになっていて とろっとしたおかゆとのこんとらすとが、絶妙 とっても美味しいです

  • 魔女の杖 小 250円

15.5x5x4cmくらい 85gくらい
クランベリー あんず レーズンなど いろいろなフルーツが入った 食べやすいパンです

  • じゃがいもぱん? 89円

直径7.5cm高さ6cmくらい 60g
たしか、ジャガイモパン と書かれていたと思うのですが、、典型的なフィンランドパンコーナーでなくて、、
菓子パンコーナーの右の方にあったぱんなので、、それほど、どっしりとはしていず、、
柔らかいパンでした なかにねりこまれているのでしょうか?特に中身無し

ヘルシンキベーカリーさんの パン

昨日の続きです
いやー、いろいろなパンがあったので ついかってしまいました
それぞれに、こうやって、たべるとおいしい(暖め方、時間)説明冊子もらえました

まず、ケーキから

  • シナモンキューブ5種(カカオ クランベリー オレンジ レーズン 季節の)のうちの、

クランベリー 168円 だいたい 4x5x5cm  45〜50g
断面の茶色い部分がシナモン 甘みのほとんどない強烈なシナモン
切った状態で他の食品の横におきたくない、かおりが、うつりそうなくらい、シナモン
クランベリー 酸味のあるドライタイプ
表面は粉砂糖 外国らしいケーキですね

まきもの うえから

  • Ruis30白樺 252円 約22x4cm 100gくらい

表面1層ほんとうに1mmくらいだけ、クロワッサン生地 ぱりぱりで、はがせる ちょっと甘い
中は甘みのないライ麦パン
中に オリーブオイル 甘みをつけた くだいデーツ
デーツって中東でしか食べないと思っていました

  • パンチェッタ 252円 23x3cmくらい 60gくらい

豚バラの塩漬けしたものを入れたパン
つまり、ベーコンってこと?
パン生地は白っぽいけど5%なんですかね、、ぱんも、ぱりっとしていて
ピッツァぽいし なんだか、イタリアっぽいパンだなーとおもいました

  • Ryus50ジャガイモパン 189円 8x8cm 90g くらい

ジャガイモパン タマネギパンの2種あるうちのジャガイモパンの方
すごーく塩のきいた、ジャガイモ 部分的にチーズがかかっています
筒はライ麦パン

  • Ruis90プレーン 210円 6cm直径 高さ4.5cm 85g 重い!

蒸した物とちがい サワー種の強いパン とかかれていますが、
ま、真っ黒と違って たべやすいです チーズにあいそう

  • 左から Ruis50ゴルゴンソーラ 294円 11x6cm 100gくらい

カシューナッツの生地に ゴルゴンゾーラ
なかにしっかり、ゴルゴンゾーラが残っています
表面にも流れ出たゴルゴンゾーラがみえています
なかなか、ゴルゴンゾーラの味がきいています やっぱり、ライ麦パンにはチーズです
ナッツも 細かく砕いて これでもか、、といれてあります

中にクリームチーズがはいっています このパンはクランベリー無しで 他の店でもみかけます

  • Ruis30カカオ 147円 6.5cm直径 4.5cm高さ 50gくらい

きのうも、かきましたが、このパンが気に入りました
チョコが入っているのに、甘くなくて、、、ライ麦にもあうのですね


いや、でも、このあまーいパンはやりの日本で こんなに、大人の味のパンばっかりで だいじょうぶでしょうか、、、ま、この、甘い物好きだけど、パンは生地で勝負してほしい 甘いパンはいまいち、という、私の好みにはとってもあいますけど、、、

西宮ガーデンズのヘルシンキ・ベーカリーさん

ヘルシンキベーカリーさん helsinki Bakery
http://r.gnavi.co.jp/c604533/
メニューや、パンの紹介はここがくわしいです セットメニューがでていませんが、、
http://www.potomak.co.jp/
パティスリートゥーストゥースさんも傘下に収めるpotomakさんのグループのようです
http://nishinomiya-gardens.com/shop/?id=202


ちょっと長くなりそうなので 今日はレストランの
あすは、テイクアウトしたパンの話を

本日注文したのは オードブルセット1365円
10時から20時まで注文できるとかいてあります
その他にも パスタセット 1260円 1365円
サラダセット 1365円
グラタンセット1260円
シチューセット 1470円
メインディッシュセット1575円
サンドイッチセット1155円
などもありました
上のホームページにヤンソンさんの誘惑などの単品については説明もあります

さて、オードブルセット
スープかサラダか選べます 本日はミネステローネとグリーンサラダなので、スープを
ドリンクは コーヒー 紅茶 100%オレンジ アップル グレープフルーツからチョイス   ジュースにしました

パンはいろんな物を少しづつ つけてくれるタイプでした
ここのお店では らいむぎの%テージをRuis50のように表していて
5〜90%のものが、用意されています
パンは左から
30% 60% 90%のプレーン 90%雑穀 レーズン入り チョコいり
の6種です
100%でないので、成城石井さんや、イカリスーパーにあるような真っ黒のよりたべやすいです
とくに、チョコは 甘みがなく、おいしかったです

自家製ディップというものがつき 別注文することもできます
きのこ、ドライトマト なす
で、どれも、オリーブオイルが利いていて 細かく刻んだペーストで、酸味がきついで無し ピリ辛でなし、、
うーん、、、、なんとなく、マグロフレークオイル漬けを、細かくしたイメージ??
ライ麦パンと相性がいいということで、添えられているようです

オードブルディッシュ
左から アボガド 皮付き
小エビ??なにか、魚介類とはわかりますが、、なにかわからない、あえもの
お肉のテリーヌ
サーモン よくある、スモークサーモンでなくて もっと新鮮でおいしい 小さなイクラ クリームチーズ添え
野菜のキッシュ タルトでなく、本当にぱりっぱりのパイ皮
グリーンサラダ でした


お店のコンセプトは フィンランドのイメージだそうで
日本では北欧は デニッシュ(バターなどの乳製品)のイメージでとらえられがちですが、
北欧に昔旅行した時は 野菜が少なく ニシン酢漬けが多くて
パンはライ麦 まだ、そのころは日本には、ほとんど、白いパンしかないころだったので、朝食に出たクラッカー状のものなんか、繊維が多くて木を薄く切ったもの?と、おもってしまいました
そんなに長くは滞在しませんでしたが デニッシュは、ほとんどみかけませんでした
本来 甘くないこういうパンが、本当の北欧のパンなのでしょうね


トゥルニ という、めずらしいドリンクがありました
オレンジ色で 北欧で親しまれているフルーツなんだそうですが そのままで いただくのでなくて
トゥルニのヨーグルト ホットチョコレート ワイン の3種がありましたが、みな、700円をこえていて、、、今回は断念しました
http://www.finnways.com/
これですよね 
ぜひ、ボトルもうっていただきたいものです ともったら、ひとびん、4725円(350ml)
いやー、買えませんね やっぱり、お店でドリンクを注文してみましょー