bills 大阪店限定アフタヌーンティーは異国情緒たっぷりだった

bills 大阪店限定アフタヌーンティー 6400円(2人)
bills Osaka Afternoontea 

 

2人からしかたのめなさそう

f:id:taberunodaisuki:20181227185228j:plain

金色のは胡椒入れ 手前の白いのは塩

白と茶色が砂糖

f:id:taberunodaisuki:20181227185219j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227185214j:plain

 

紅茶(一人一種類選ぶ)

bills ブレックファストティー / ダージリン/カモミールティー / ジャスミンティー / 抹茶玄米茶 (フリーフロー2時間)

お茶の葉が入っていなくて カップは大きく直径10センチ位

2杯くらい入っている

のみきったら別のにも変えていただける

 

f:id:taberunodaisuki:20181227185207j:plain

まず温めたスコーンが来る

机が大きくないので順番に

f:id:taberunodaisuki:20181227185151j:plain

f:id:taberunodaisuki:20181227185114j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227185107j:plain

サイドディッシュ1

スコーン w/ クリーム、ジャム

直径5cmくらい パンに近くふわふわタイプ

この取り皿は直径20cmくらい

クロテッドクリームではなく生クリーム

ラズベリージャム

 

f:id:taberunodaisuki:20181227185158j:plain

f:id:taberunodaisuki:20181227185143j:plain

上段

f:id:taberunodaisuki:20181227185119j:plain

ピーナッツ・シューバン (ピーナッツクリーム ホワイトチョコレート

これがたこ焼き風と言われるシュークリームか

すごく濃厚 ピーナツ味 カロリー高そう

上にダイスピーナツも

シューの上のクリームはべたっとしている

f:id:taberunodaisuki:20181227185019j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227185005j:plain


 

苺のタルト(マスカルポーネラズベリークリーム )

赤いタルト生地はカリカリ いちごの酸味のあるパウダーを吹き付けているみたい

中はいちご 下は白いクリーム

紫色は蓼?小さな赤紫蘇?
 

f:id:taberunodaisuki:20181227185012j:plain

中段

f:id:taberunodaisuki:20181227185126j:plain



パブロバ w/ 苺、ローズウォータークリーム

直径5cmくらい いちごとピンク色のメレンゲ焼き菓子 ダイスピスタチオ

f:id:taberunodaisuki:20181227185036j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227185031j:plain


サヴァラン、焼酎&柚子シロップ wグレープフルーツゼスト

こちらも5cmくらい

上面、裏面にも焼き目ありブリオッシュというよりは揚げドーナツみたいな印象生地

均一で中はふわっと

表面だけ汁がしみこんでいた 割ると中にまで染み込んでいく

上の黄色い紐がグレープフルーツゼスト

 

f:id:taberunodaisuki:20181227185026j:plain

 

下段

f:id:taberunodaisuki:20181227185133j:plain

ほうれん草とフェタチーズのブレカス w

上に黒ごま中東の薄い生地フィロでつつまれた 

中にはチーズとほうれん草

 

f:id:taberunodaisuki:20181227185059j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227185045j:plain
ザクロジャム、グリークヨーグルト

ブレカスにつけるのかな 甘みのあるざくろが入った赤い汁

グリークヨーグルト サワークリームかとおもった酸味あり 甘み添加なし オリーブオイルかけてる?上の赤いのは何だろう?

 

エビカツロール w/ カレーマヨネーズ

スパイシーで美味しい

キャベツをどけるとエビフライが出てくる

ここにも蓼?

f:id:taberunodaisuki:20181227185053j:plain



 

いったん全部片付けてあとから

まずメープルシロップが来て

 

f:id:taberunodaisuki:20181227184958j:plain

サイドディッシュ2


ミニリコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター

パンケーキの下にバナナ

パンケーキ一枚 直径8 厚み2cmくらい

上に直径3cmくらいの円形の甘いバター

ここまで食べるととってもおなかいっぱいになります

f:id:taberunodaisuki:20181227184949j:plain

f:id:taberunodaisuki:20181227184942j:plain
f:id:taberunodaisuki:20181227184935j:plain



 

 

いままでたべたことのない異国情緒あふれるアフタヌーンティー

面白かったです

 

 

 自分で調べた用語の説明

ピーナッツ・シューバン
ビルズでたこ焼きをモチーフにしてつくられたお菓子と毎日経済新聞のサイトに出ていた
キャラメリゼしたホワイトチョコレートを、ソースに見立てているらしい

 

パブロバ

taberunodaisuki.hatenadiary.jp

ニュージーランドの国民的デザート
サクサクのメレンゲの焼き菓子をつかったお菓子

 

ローズウォーター
薔薇水 中東のお菓子ではこれを使ったものがたくさんある

 

サヴァラン
このサヴァランもまん丸でたこ焼きがモチーフなのだとか

サヴァラン (savarin) は、フランスの焼き菓子。ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒やキルシュをかけて生クリームや果物で飾りつけたもの、またはブリオッシュ生地を直径18 - 23センチメートルのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたものである。wikipediaより

とはいえ もとは ババからできているともいわれているから

 

ババ

ババ(フランス語:baba、イタリア語:babà、ロシア語:Ба́ба)とは、フランスやイタリアのナポリの名物となっている焼き菓子の一種。イースト菌の発酵作用で膨らませた生地を円環形もしくは円筒形の型に入れて焼き上げ、ラム酒風味のシロップをしみ込ませたケーキとなっている。
今日フランスとイタリアで親しまれているような、ブリオッシュに近いケーキにラム酒(あるいはキルシュヴァッサー)風味のシロップをしみこませたババは、18世紀初めにポーランド王の座を追われた後にロレーヌ公に封ぜられたスタニスワフ・レシチニスキ(スタニスラフ・レクチンスキー)のナンシーの宮廷が発祥とされている。
「ババ」はロシア、ポーランドウクライナで作られている伝統的な焼き菓子で、バリエーションが豊富であり、ロシアには40種類以上のババが存在する。wikipediaより

ゼスト(英語: Zest)

レモン、オレンジ、シトロン、ライムなどの柑橘類の、ワックスがけしていない色付いた外皮をこそげとったり切り取ったりして作る食材である。ゼストは食べものに風味付けするために用いられ、このプロセスを英語で「ゼストする」"zest"という。wikipediaより

 

フェタチーズ
ギリシャのチーズ もきゅもきゅしていて塩分強め


ブレカス
楽天レシピにイスラエルのお菓子と出ているもの
フィロ (phyllo) という薄い生地を使っている

 

フィロ(FiloまたはPhyllo)

中東やバルカンの料理において、バクラヴァやブレク等のペイストリーを作るのに用いられる、非常に薄く、イーストを含まない生地である。ギリシア語で「葉」を意味するφύλλοという言葉に由来する。wikipediaより

 

 

料金アップでシャンパンフリーフロー(+3500円/1名様2時間)にもできるらしい

 

 

一休さんには東京版のアフタヌーンティーもでていた

こんなのらしい

異国情緒は大阪の方があるように思った

 

【bills×アフタヌーンティー】世界中で銀座だけ!英国紅茶もお愉しみ頂ける大人気アフタヌーンティー

■メニュー内容
栗のタルト w/ 抹茶&マスカルポーネクリーム
ジャスミンパンナコッタ
サフラン・フィナンシェ - ピスタチオ、ラズベリーマスカルポーネクリーム

バニラマカロン - チョコレート、 エスプレッソガナッシュ
パート・ド・フリュイ - マンゴー&柚子、カシス&sake
コットン シトラスチーズケーキ

ロブスターロールw/ グリーンソース、ソフトハーブ
ポレンタチップスw/ スパイシーマスカルポーネ、トリュフ
チーズビスケット w/ ハモン・イベリコ、 ロメスコソース

スコーン w/ クリーム、ジャム
ミニリコッタパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター

■お飲み物
tea by Amba Estate
ハンドロール ティッピー ゴールデン オレンジペコ (OP1) or レモングラス

 

 

コミンカフェさんのフラットホワイト/パプロバ/カスタードスクエア/ケークサレ

コミンカフェさん (Komin Cafe)


グランフロント大阪南館2階
パナソニックさんの展示場の一角

コミンカフェさん の名刺

表に看板や 素敵なディスプレー

落ち着いた店内 IH調理のディスプレーもさりげなく置かれていたりする

店内の本格的コーヒーマシン


どんだけ食べますねん 私のお昼ご飯だ

  • フラットホワイト 390円

エスプレッソで作る、本場さながらの「ロングブラック」「フラットホワイト」
クリーミーなミルクとエスプレッソがベストマッチ!カフェラテでもカプチーノでもないオセアニア独自のドリンク!と出ています
お店のかたにお聞きしたところ カプチーノよりミルクが少なめとのこと
ニュージーランドのコーヒーに詳しい以下のサイトによると
http://shop.flatwhite.jp/?mode=f1
 カプチーノエスブレッソ1/3、スチームミルク1/3、そしてフロッフ(泡)ミルク1/3
 ラテはエスプレッソ1/3、スチームミルク2.5/3、そしてクリーミーにフォームされたフロッフ(泡;カプチーノとは異なる)0.5/3
 フラットホワイトエスプレッソ1/3、クリーミーなスチームミルク2/3 ラテよりも“キメ”の細かい泡をスティーマーで丹念に作り上げ、それをエスプレッソに絡めるようにクリーミーなベルベットタッチのミルク(これは牛乳とはいえない、まさにクリーム)を入れて仕上げる。
 だそうである
 Wikipediaではエスプレッソにきめ細やかに泡立てたスチームミルクを注ぎ、エスプレッソとミルクがよく混ざり合った飲みやすいコーヒーである。カフェ・ラッテやカプチーノと比べるとフォームの量が少なく、エスプレッソ版のカフェ・オ・レとも言える。表面がクレマで覆われており一口目からエスプレッソが感じられるのが特徴である。
 と出ています
 とにかく日本ではあまり飲めない品 もしかしたら スタバで特注すれば作ってくれるかもしれないけれど、、

  • パプロバ 380円 Pavlova

ニュージーランドの国民的デザート「パブロバ」
サクサクのメレンゲに、生クリームとヨーグルトを混ぜ合わせた爽やかなクリームで愉しむオセアニアの定番スイーツ!リニューアルで更においしくボリューミーに! とホームページに
Wikipediaでは
Pavlova is a meringue-based dessert named after the Russian ballerina Anna Pavlova.[1] It is a meringue dessert with a crisp crust and soft, light inside, usually topped with fruit and whipped cream.The dessert is believed to have been created in honour of the dancer either during or after one of her tours to Australia and New Zealand in the 1920s.
 つまりロシアのバレーダンサー アンナパブロワ由来のメレンゲ菓子で1920年代にニュージランドやオーストラリアで作られたってとこね フルーツや生クリームをトッピングするというもの
ニュージーランド・カフェレストラン キウィハウスさんでも食べたことがあります
記録は以下
http://d.hatena.ne.jp/taberunodaisuki/20081209/p1
⬅これはキウィハウスさんのパプロバ
直径8〜6cm 高さ9.5cmくらい
上面に赤や黒のベリー
ここでは マンゴーソースも使い酸味をきかして
また上からと底面に生クリームとヨーグルトを混ぜ合わせた白いクリームも使っていました
そして 割ったあまーいメレンゲ菓子

  • カスタードスクエア(ホワイト/ブラック)320円

ホワイトの方を選択
パイ生地にカスタードをたっぷりのせた、エスプレッソにぴったりなオセアニアの家庭のお菓子!
Custard square
The Denheath というニュージーランドの会社も作っている
http://www.denheath.co.nz
コストコでも売っているらしい
ここのは
5x5.5x4〜6cmくらい
上面にパイクラムとココナッツ
底面パイ生地
真ん中はカスタードクリームを固めたような生地 バニラビーンズが見えています

Cake salé  これはフランスの塩辛いケーキ
つまり甘くないケーキ チーズを用いることが多い
だからチーズケーキとも言える
ハム ブロッコリー パプリカ トマト
チーズ味もあるパウンドケーキみたいなもの
プチトマトが半分丸ごと入っていて フォークで刺すと汁がピューっと
気をつけて食べないとね

ニュージーランド・カフェレストラン キウィハウスさん


ニュージーランド・カフェレストラン キウィハウスさん
http://www.kiwihouse.jp/
宝塚駅から にぎやかではない方角に5分
ちょっと、知る人ぞ知るという、表通りからはみえないところにお店はあります
ニュージーランド料理はなかなk、みあたりませんよね
ニュージーランドへ修学旅行に行く前のお子さんを連れてこられる方もおおいそうです
http://www.kiwihouse.jp/html/lunch_menu.html
に、ランチメニューがのっています 1050円からあります
今回はせっかくなので1980円の ゆったりランチ

メニューはどんどん変わるのでしょうが
本日のメニューは
前菜は洋梨のカマンベールソース
むらさきいものスープ
グリーンサラダ
仔牛肉のキノコソース
さつまいものタルト

でした
味もおいしく
お店は落ち着いた雰囲気で
なかなか、夜のライトアップもきれいでデートにももってこいかもしれません

ランチの時間帯をすぎると アフターヌーンティーの時間帯
そして、ディナーへ

ニュージーランドの伝統的お菓子 パブロバ 630円
も注文してみました
白いドーム状のものに、生クリームと フルーツでかざりつけしたものですが、
メレンゲでできていて 
表面の層は固く
少し空洞があって 中にはやわらかく、マシュマロっぽいメレンゲがはいっていました

甘みはそうきつくはありませんでしたが、、日本人向けにおさえてあるのかは不明です


ホームページではワインや蜂蜜の通販を
店頭のチラシでは
鹿肉のソーセージ1260円 ラム肉のソーセージ1260円
ニュージーランドのめずらしいビール マタ アーティジョン  マタマヌカハニー
などのギフト販売もしていはるようでした