ピカポロンツァさんのチーズケーキその2

昨日の続きより 今日はお店にいって、食べてきました
お店は靴をぬいで、2階にあがります お友達のいえに お邪魔している気分
4人がけが2〜3 2人がけのテーブルが1つ というところでしょうか
やっぱり、予約しておいた方が良さそうです。

ランチメニューに関しては食べログさんにもグルメウォーカーさんにもでていないので、チラシより転記記録します
あくまで、今日もらったチラシなので きっと、かわれば 本来のホームページで更新されることでしょう
http://www.ne.jp/asahi/pika/polonca/
http://r.tabelog.com/kyoto/A2604/A260402/26005632/
http://gourmet.walkerplus.com/179260168001/menulist_main.html

季節のスープ 選べるメインディッシュ オリジナルサラダ 一口デザート 自家製パン 平日限定

  • おすすめランチコース 1680円

本日のオードブル&野菜のプレート 季節のスープ 選べるメインディッシュ 本日のデザート アルプスのお茶 自家製パン 

予約すれば おまかせランチコース3150円 などもできるようです
また、2人なら シェアできる デュエットコース などもあるそうです

本日は おすすめランチコース 1680円 をチョイス

  • オードブルのお皿が豪華 

食器は和風ですが なぜか、お料理にマッチ
中央は 玉ねぎと紫キャベツのマリネ その上に海老のあえもの お豆
時計回り12時の方向から カッテージチーズとパプリカのあえもの とはいえ、酸味ありハーブもきいています カリカリのパンスライスが添えられています
コイモを半分に切ってハーブをかけたもの 葱(酸味あり) 大根のマリネ(酸味あり) お国から持ち帰り自家栽培された豆さやが白く中の豆は黒い 人参のマリネ(酸味) カリフラワー かぼちゃ(日本とは違った煮付け)
お店にあった冊子に マジョラムというハーブがよく使われる とかかれていました。
酸味のきいた品が多かったですが ハーブもきかせてあり 日本の酢の物とにているようで、似ていない
私としてはやはり、カッテージチーズ チーズ製品が1番おいしかったです
パンは ライ麦入りのパンと そば粉のパン

  • 季節のスープは 赤いハンガリーのグアッシュ風 スープ

赤くて ハンガリーのグアッシュよりはサラサラで、もう少し味がしっかりしていて 酸味もあり ジャガイモとお肉のサイコロ状の物がはいっていました。
底の方に 黒くてお月様のような、形をした、ハーブ(名前を忘れました、ドイツパンについていたりします)が残っていました。

  • メイン 3品からチョイス もう一つは海産物のリゾット といわれていたような、もう1種は忘れました。

カッテージチーズとホウレンソウのギバニッツァ
トルコのバクラワの時につかう生地の間に スロヴェニアでは、いろんな食材を挟んで食べる これが、ギバニッツァというものだそうです
トルコでは主にお菓子で生地の間には はさんでも砂糖ナッツくらいで 上から甘いシロップをかける それに激甘なのでサイズが小さい
今回はお料理なのでサイズもかなりおおきい(おなかいっぱいになりました)上にアスパラガス2本
層がきれい ホウレンソウの層と、カッテージチーズと玉ねぎの層と、カッテージチーズは、裏ごししていないタイプです
あまり香辛料をきかさず、本来の食材の美味しさで勝負するお皿 ラザーニャとちょっと雰囲気は似ていますが、 生地はもっともっとデリケートに薄い。

  • デザートは 昨日のブログに書いたおばあちゃんのチーズケーキ2分の1とおじいちゃんのチーズケーキ2分の1

お話によると おばあちゃんの の方は、スロヴェニアでよくたべられているお菓子
おじいちゃんの の方は お店のオリジナルなんだそうです。

  • アルプスのお茶 6種のハーブのミックス というお話でした カモミールがはいっているのでは、、とおもうのですが、後5種はぜんぜんわかりませんでした。

1階に ハーブティーと ミニ焼き菓子がおいてありました。
チーズケーキはおいておられなかった(聞いたらあったのかも)ので、山科大丸にいってよかったとおもいました、数ヶ月ごとに 大丸山科や 弘法さんのお祭りに出店されているようです。
帰りに そばのパンをテイクアウトしました
20x8x8.5cm 415g くらい 値段わすれました 600円くらいでしたでしょうか、、

お店には ギバニッツァ(4種類ほど)や チーズケーキ パンのクール宅急便のリストがあったのですが、いまホームペーにアップしているのはギバニッツァ(1種類)とそば粉のフルーツケーキと、チーズケーキだけなのですね。
そばを 使っていて 日本と似ているようでいて ヨーロッパ的 でも、まったくヨーロッパだけでなく、中東の要素もまじっていて、
いろんな国の影響をうけている料理でたのしかったです。でかけて行ったかいがありました。

ピカポロンツァさんのチーズケーキその1

スロヴェニア料理ピカポロンツァさん
山科大丸さんで、時々商品を出していらっしゃいます
チラシによると スロヴェニアは イタリア オーストリア ハンガリー クロアチアに囲まれた国のようです
チーズケーキが豊富 そば粉を使ったパンなども、、
http://www.ne.jp/asahi/pika/polonca/

本日 チーズケーキ5種 すごいですね わくわくします

  • おばあちゃんのチーズケーキ 399円

11x3x3.5cm 100gくらい
ブルーベリー入りのチーズケーキ 淡白な味わいは クリームチーズ系というより、カッテージチーズ系なのでしょうか?
甘さ控えめ 酸味あるようなないような このシャリシャリ感はりんごでしょうか。土台無し
お食事のような、デザートのような たしかに、おばあちゃんの、というような素朴な伝統菓子という印象でした。
ここのチーズケーキに似たようなチーズケーキは 今までに食べたことはないです。

  • おじいちゃんのチーズケーキ 399円

7x7x3.5cmくらい 85gくらい
こちらは、林檎が入っていない分だけ上のケーキよりはやや固め 中はレーズン
これもまた、クリームチーズ系というより、カッテージチーズ系の印象 ベースにもほんのり塩味があるような、ないような 酸味無し
土台はナッツの粒と塩味がしっかり出たクッキー生地をもろもろと固めたような台でした

  • そばの実の田舎風チーズケーキ378円

5x5x3cm 80gくらい
表面はアーモンド 中はクランベリーの実 同じく淡白だけどチーズ味のやはり、カッテージチーズ系らしいベース
下の方にむかうほど そばの実の白いつぶつぶが多くなっています。酸味や甘味は中のフルーツが担当なのは、上の2つと同様。

  • いちごのチーズケーキ 441円

長さ12 高さ5cm 120gくらい
日本で良く見かける濃厚ヨーグルト プチダノンを思い出してしまいました。甘さ控えめ イチゴ味 酸味はあるとしたら、イチゴからか、、?洋酒風味もするような イチゴの果肉たくさん 色合いはピンクというよりはやや茶色に近いです
クリームチーズ?うーん、やっぱり カッテージチーズもはいっていそうですね。
台は濃く甘いチョコレートケーキ一層

  • クルミとレモンのチーズケーキ 441円 って、かいてましたが、、チラシをみて、クルミとレモンのバクラワでは?とおもうのですが、??

トルコのお菓子 バクラワ? バクラバ? バクラヴァ?ネットで調べると ギバニッツァも、層状のスロヴェニアのお菓子って出てきますね、、本当は??
5x5x3cm 85gくらい
表面は膜のような、トルコのパイ生地(クレープのような 春巻きの皮のような薄い皮)のような生地だと思いました
その層とクルミ粒が交互に入り 上からレモンの利いた甘酸っぱい汁が、これでもか、、とかけてありました
ですので、これだけは紙箱入り。
トルコバクラバより、酸味が利いていてジューシーな印象をもちました。

  • イチジク入りそばのパン 389円

8x8.5x7cm 160gくらい
イチジクの味のする 噛めばかむほど味わいがあとから、ほんのりそばの香りがでてきて、、 焼くと表面が普通のパンよりより、カリカリになって、、というタイプの ライ麦パンのようなパン

  • そば粉のフルーツケーキ カット 174円

7x5.5x1cm 25gくらい
薄いカットなのでよくわかりませんが、、上にアーモンドスライス その周りの白い甘いソースはサワークリーム?あんまり、酸味はありませんが、、
そばの香つよし 味わいもパンのときより ずっと、そばの味わいが強く感じます
ドライフルーツがいっぱい入っていますが フルーツは水分をすって、とてもジューシーです
生地はほろほろと、口のなかでくずれ、甘さや酸味はおさえて、フルーツ本来の甘さ 酸味で勝負という印象です

プチタルト3つで、55gくらい
クッキー生地タルトのなかに

  • いちじくの誘惑

直径5cm 高さ2cmくらい 
イチジクの果肉でできたでも、良く焼かれた中身 上にピーカン

  • チョコの夢 4.5x4.5x2cmくらい

中はチョコパウンドのようなもの 粉状チョコ入り 良く焼かれていて水分量は少ないです

  • フォレスト 直径5cm 高さ2cmくらい

ミックスナッツ生地 チャイニーズ5スパイスのなかに入っていそうな独特の香辛料入り 上にアーモンド